2年間の契約

高層マンション

賃貸契約というのは2年間が一般的です。契約期間が2年間満了しても、継続してその部屋に住み続けるには、大家さんに更新料を約家賃の1カ月分以上支払うことになっています。更新料の支払いは、法律で必ず支払いなさいと決まっている訳ではないのですが、最初に部屋を借りる時に契約した時の契約内容に更新をする場合は、更新料がかかると明記されていれば支払わざるおえないものとなっています。更新料は大家さんの収入になります、大家さんに更新料を支払う場合は更新手数料はかかりませんが、賃貸契約更新の手続きを不動産屋が代行して手続きをする際には、更新手数料が家賃の約半月分を上限を手数料として不動産屋に支払うことになります。

賃貸契約の更新をする場合には、更新料と更新手数料がかかります。現在、支払っている家賃の1.5ヶ月分くらいが費用としてかかります。賃貸契約更新の費用はこれだけでなく、火災保険料もかかります。火災保険が適用される期間は、賃貸契約の契約期間と同じ2年間ですので、契約更新する際には火災保険も再加入することになります。そして家賃保証システムを利用されている場合ですが、保証会社にも更新する際にまた保証料がかかります。退去して新しく部屋を探す時もお金がかかりますが、更新をしてそのまま部屋に住み続けるにしてもお金がかかるのです。更新をするときには、ひと月で更新にかかるお金を支払うのと次の月の家賃を支払わなければならないことになります。